☆もう1つのムーンリバーforeverのブログ☆

☆”お題”を中心に、日常にまつわることを雑談します☆

一人暮らしの思い出〜今週のお題「私の一人暮らし」

こんにちは(^-^)

 

 

暖かくなったかなと思っていたら、また急に寒くなったり、かなり気温差が激しいですねヽ(´o`;

 

皆さん、体調はいかがでしょうか?

 

 

 

今週のお題「私の一人暮らし」

 

 

私は、今は結婚していますので、一人暮らしの思い出の話になります。

 

 

大学入学時に上京してきたのですが、大学時代は寮にいたので、東京での一人暮らしは、就職してからになります。

 

 

東京で一人暮らしを始めた当時は、仕事の忙しさと実家から離れている寂しさなどもあり、パニック障害の1つでもある過換気症候群をたまに起こす事がありました。

 

 

今では、パニック障害という言葉がありますが、私がまだ20代前半の当時は、まだそういう言葉がそこまで浸透していませんでした。

 

 

そんな時、外観が自宅の延長のような下町の暖かい診療所のご年配の女医先生(おばあちゃん先生)のところでホントにお世話になりました。

 

 

また、地元の高校時代からの同級生、大学からのお友達…

 

遠く離れて住んでいた家族…

 

 

当時は、携帯とかが普及し始めた頃で、まだ家電が圧倒的に主流でしたので、当時は電話代もかなりかかりました…

 

 

この遠く離れた地での一人暮らしの経験で、人間は、やはり一人では生きられない…

 

やはり、誰かの支えがあって生きていられる…

 

そう思いました。

 

 

 

東京で一人暮らししている時は、雑誌に出てるようなオシャレなお店などには電車に乗ってすぐ行けましたが、なんと言うのでしょう…何か、心の中にポッカリと空いた寂しさみたいなのもありました。

 

 

 

そんな東京での一人暮らしは、東京での就職していた7年間で、ピリオドをうちました。

 

その後、地元九州に帰ったり、今は関東で結婚生活を送っています。

 

 

東京での初めての一人暮らしでは、自分自身がしっかりする基盤になったかなとは思いますが、今、考えると、もう少し早く地元に戻って、今は亡き母と一緒に生活したかったなと思ったりします。

 

 

家族の暖かさ、人間の暖かさは、生きていく上でも、ホントに大事なもの、感謝すべきものだなと、あの時の一人暮らしを振り返ると、今そう思います。

 

 

当時は、自分のことで精いっぱいで、そのようなことに少し盲目になっていたかもしれません。

 

 

ただ、その東京での一人暮らしの期間には、ある講座に通ったり、いろんな習い事したり…自己研鑽する事もできましたし、また海外旅行に行ったりして…自由も謳歌できました。

 

 

よく、職場の先輩から、若い今のうちにいろいろしておいた方がいいよ!とアドバイスを受けていましたので、実際、おかげで、そのような経験もたくさんする事ができて、経験は宝だなと思います。

 

つらい経験、楽しい経験…いろいろありますが…

 

そのような経験によって、「今の自分」が出来上がるわけですね。

 

f:id:moon-river-eternity0315:20180321102210j:image

 

その当時、お世話になった方々に、

「ありがとう」がいいたいです。

 

 

 

 

 

 

   

 
にほんブログ村

 

 私の楽天ブログの方です!よろしければ、ご覧下さい(о´∀`о)
↓ ↓ ↓
アラフォー通り過ぎた医薬系女子ムーンリバーforeverの若作り^ ^ファッションと日常生活 - 楽天ブログ